痛みの放置は危険|椎間板ヘルニアも肥満症も改善しよう|専門家に相談

椎間板ヘルニアも肥満症も改善しよう|専門家に相談

痛みの放置は危険

男女

現代では色々な病気が蔓延していますが、そんな病気の中でも多くの方が悩む病気があります。その病気が椎間板ヘルニアです。ぎっくり腰の症状が病名となった椎間板ヘルニアは、腰痛の原因となる病気で神経が圧迫されることで痛みを発します。また、痛みがあるだけでなく時には痺れも引き起こしてしまうので、動けなくなってしまうのです。痺れが悪化してしまうと、仕事や私生活に支障をきたしてしまうので病院で治療を受けるようにしましょう。病院では、椎間板ヘルニアが悪化しないように薬を使用して治療を行ってくれますが、人によっては薬が効かない場合があります。そんな方のために注射での治療法も用意しているので安心して通うと良いでしょう。

椎間板ヘルニアは簡易的な治療で治らない場合には手術をする必要があります。手術は医師と相談して受けることになりますが、自分で希望すれば手術を受けることが可能です。そのため、椎間板ヘルニアの症状が悪化し膀胱直腸障害などが起きた場合には手術を受けましょう。膀胱直腸障害は肛門に痺れが出てくる障害で、社会生活に多大なる悪影響を与えることになるので注意しましょう。このように、椎間板ヘルニアを放置すると他の障害も誘発してしまう恐れがあるので、しっかりと完治させるようにしましょう。病院に通わなくてもコルセットを使用していれば治るケースもあるので、病院へ通うことに抵抗のある方はコルセットを利用してみると良いでしょう。