激痛を伴う場合が多い|椎間板ヘルニアも肥満症も改善しよう|専門家に相談

椎間板ヘルニアも肥満症も改善しよう|専門家に相談

激痛を伴う場合が多い

ドクター

ぎっくり腰の原因の1つ

椎間板ヘルニアが腰椎部分で起こると、ぎっくり腰の原因になります。椎間板ヘルニアとは、椎骨と椎骨の間にあってクッションの働きをする椎間板が椎管腔の中に飛び出した状態を言い、神経根を圧迫して激痛を伴う場合が多くなります。椎間板は、コラーゲンに富んだ線維輪と呼ばれるリング状の構造が、ゼラチン質の髄核を囲い込んでできています。そして、椎間板ヘルニアは、物理的な刺激等により椎間板の線維輪や髄核の一部が外側に向かって飛び出してしまうために起こります。また、神経根を圧迫することで、その支配下にある部位にしびれや筋力の低下等の障害が現れることも珍しくありません。また、椎間板ヘルニアは、腰椎に次いで頸椎の下部でも起こるケースが多くなっています。そして、今では椎間板ヘルニアのレーザー治療が行われるようになり、人気を集めています。

治療法

椎間板ヘルニアの治療法は、主に保存療法が用いられています。要するに、症状を出さないように椎間板ヘルニアの悪化を防ぐための治療です。例えば、運動療法や温熱療法、そして神経ブロックの注射を打つこともあります。しかし、これらの治療で効果がない場合には、外科的に手術が行われることもあります。最近では、椎管腔にレーザーで穴を開けることによって、内部の圧力を逃がし、椎間板を元に戻すという治療法が行われるようになってきました。これが、椎間板ヘルニアのレーザー治療と呼ばれるものです。レーザー治療の良いところは、神経を傷つけてしまうリスクが少ないところにあります。また、レーザー治療では施術後の入院が必要ありません。ただし、レーザー治療を行っている医療機関は限られていますから、ネット等で詳しく調べてみる必要があります。