椎間板ヘルニアも肥満症も改善しよう|専門家に相談

激痛を伴う場合が多い

ドクター

腰である代表的な症状には椎間板ヘルニアなどがあり、多くの方が聞かれた事があるでしょう。その椎間板ヘルニアの状態によっては治療が必要となっています。そんな治療の方法で最近トレンドと言えるのにはレーザー治療があります。

痛みの放置は危険

男女

椎間板ヘルニアを患ってしまうと日常生活を送るのが大変になるので、治療するようにしましょう。病院で専門的な治療を受ければ完治させることが可能です。また、手術だけでなく薬などでの治療法も存在します。

外科的処置で本格治療

カウンセリング

現代人に多い頚椎椎間板ヘルニアは、病院で治療を受けることが可能です。しかし、病院で用意されている治療法はたくさんあるので、事前に調べてから自分に適した治療法を選ぶようにしましょう。例えば、保存療法と呼ばれる安静治療や姿勢矯正は、手術の必要無い治療法となっており、自宅で安静にするだけで椎間板ヘルニアの症状を完治させることが出来ます。腰の負担を最小限に留めることで、筋肉が落ち着くのを待つのが基本となります。しかし、保存療法の場合には頚椎椎間板ヘルニアの早期発見が重要となるので、重度の頚椎椎間板ヘルニアを患っている方は別の治療法を選択する必要があります。その治療法が手術による外科的処置です。身体にメスを入れることになるラブ法切開手術が頚椎椎間板ヘルニア手術の定番で、全身麻酔を使うので痛みは感じることはありません。ですが、身体に傷を残してしまうことになるので注意しましょう。また、ヘルニアを取り除くことで神経癒着や合併症を引き起こしてしまうリスクも存在します。

頚椎椎間板ヘルニア手術で主流のラブ法切開手術の他にも手術法は存在しています。特に、最近注目を集めているのがPLDD手術で、レーザーを用いた治療を行います。メスを使わないので身体に傷跡を残す心配がなく、従来よりも短期間で退院することが可能です。そのため、高齢な方や忙しい方に適した手術法となっています。他にも、内視鏡摘出手術などもあるので、医師と相談して最適な手術を行うと良いでしょう。もしこの病気と肥満症を併発している場合は、肥満症も同時に改善しなければいけません。肥満だと身体のバランスも悪くなるからです。

最先端のレーザー治療

聴診器とハート

大阪の病院では頚椎椎間板ヘルニア治療に適した画期的な手術法が存在しています。その手術がレーザー治療で、傷跡が残らないだけでなく高い治療効果を発揮してくれます。また、入院期間が短いメリットがあります。